fbpx

気候変動に具体的な対策を

2024年2月1日 – この度ネクストレベルは、森林の保全と都市と自然のつながりの強化に取り組む日本のNPO法人more tress(モア・トゥリーズ)への寄付を更新し、増額いたしました。more treesは坂本龍一氏によって2007年に設立され、森林の保存、国産木材の持続可能な利用、そして森林の重要性についての教育を行っており、人と自然が調和して共存する社会の実現に取り組んでいる団体です。

エネルギーをみんなに そしてクリーンに

2023年10月11日 – 私たちにできる身近な温暖化対策として、ネクストレベルジャパンのオフィスで使用する電力会社を自然エネルギー実質100%のハチドリ電力へ切り替えいたしました。二酸化炭素を排出しないだけでなく、環境負荷が他の発電方法(原子力、大型水力など)に比べて低い発電方法で生成されていることが決め手です。

平和と公正をすべての人に

2023年5月11日 – 「ビジネスリーダーによる多様性ある、公正で、包摂的な社会の実現への協働宣言」(DEI)」に署名致しました。これは、職場や社会全体における多様性、公平性、包摂を促進することに積極的に関わり、率先して行動することにコミットしたことを意味します。インクルーシブな職場文化を育み、組織のあらゆるレベルで多様性を推進することを約束する企業として、この大切なイニシアチブを支援できることを嬉しく思っています。

気候変動に具体的な対策を

2023年3月17日 – 長期的な持続可能性の目標に向けて、私たちは「1% for the Planet」プログラムを通じて、年間収益の1%を環境保護活動に寄付するという誓約を果たしています。今年は、持続可能性への継続的な取り組みの一環として、Carbon Offsets To Alleviate Poverty(COTAP)への支援を決め、寄付を行いました。 カーボンオフセットの取り組みは一つの行動だけで達成できるものではありませんが、誰しもが今日からできる具体的な行動の一つです。

気候変動に具体的な対策を

2023年1月24日 – 気候関連の情報開示及び金融機関の対応をどのように行うかを検討するため設立された「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」提言へ企業として公式に賛同しました。TCFDは企業等に対し、気候変動関連リスク、及び機会に関するガバナンス、戦略、リスクマネジメント、指標と目標の4つの項目について開示することを推奨しています。

気候変動に具体的な対策を

2022年12月22日 – Codo Advisory社にサポートいただき、Climate Freskで人間活動が環境に及ぼす基本的なメカニズムと結果についての洞察を学ぶ、素晴らしいオフサイトイベントを開催しました。製品やサービスを扱うビジネスは、チームでの同ワークショップへのご参加をお勧めします。