fbpx

SDGsへの取り組み

私たちは、2030年に向けた持続可能な開発目標(SDGs)に積極的に取り組んでいます。これらの目標は私たちの行動指針であり、さらなる目標達成へ向けて、日々の取り組みを重ねています。持続可能な未来を築くために、一つひとつの行動が大切なパズルのピースとなります。私たちのサステナビリティへの姿勢は、毎日の具体的な行動から生まれています。

  • 13 気候変動に具体的な対策を
Ocean pollution discussion

海洋汚染に関するムービーを視聴

2024年7月23日 – Ocean Generationが制作した海洋汚染に関するムービーを視聴しました。

Ocean Generationは、「1% for the Planet」プログラムの一環として、当社が年間収益の1%を寄付している環境保護団体です。人が使用し、廃棄するプラスチックが与える海洋や海洋生物、ひいては人間に対する深刻な影響をあらためて学びました。

まだ視聴されたことがない方にはぜひこちらよりご覧ください。(英語言語)

  • 13 気候変動に具体的な対策を
Tameike Cleanup

「赤坂青山 美しいまち マナーのまち」に参加!

2024年6月27日 – 港区赤坂地区総合支所が主催する「赤坂青山 美しいまち マナーのまち」キャンペーンに参加しました!約1時間、溜池山王駅周辺の清掃活動を行い、地域の安全と清潔を促進するための活動に取り組みました!

  • 13 気候変動に具体的な対策を
港区クリーンアップキャンペーン

芝浦・海岸地区クリーンアップ活動に参加

2024年6月6日 – 芝浦・海岸地区クリーンアップおよびみなとタバコルールキャンペーンに参加しました!このイベントは、芝浦港南地区安全・美化協議会が主催する地域ボランティア活動です。約1時間かけて芝浦周辺のゴミ拾いを行い、同地区の美化に貢献するとともに、地域の一員として活動に取り組みました。

  • 13 気候変動に具体的な対策を
1-for-the-planet-certificate

1% for the Planet

2024年6月5日 – 本年も1% for the Planetの取り組みとして、売上の1%を以下団体に寄付いたしました。
Ocean Generation
Carbon Offsets To Alleviate Poverty
more trees
みらいの森

  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう
ED 24

Earth Day 2024

2024年4月2日 – 今年もアースデイ(地球の日)を記念し、4月22日(月)に「Earth Day 2024」を開催いたします(共催:アメリカ商工会議所・在日フランス商工会議所)。様々な業界の企業における行動、成果、目標についてディスカッションを行います。2024年のテーマは「Planet vs. Plastics」。プラスチック削減の重要性やその他の持続可能性について学びを得るために、当イベントに是非ご参加ください。英語のみで行われるイベントになります。詳細およびご登録は、こちら(英語ページ)をご確認ください。

  • 13 気候変動に具体的な対策を
More Trees sq

more treesへの寄付

2024年2月1日 – 私たちはmore treesを応援しています。一般社団法人more trees(モア・トゥリーズ)は、音楽家 坂本龍一氏が創立し、建築家 隈研吾氏が代表を務める森林保全団体です。「都市と森をつなぐ」をキーワードに、森林保存、国産木材の持続可能な利用、森林の重要性についての教育など、さまざまな取り組みを行い、人と自然が調和して共存する社会の実現に取り組んでいます。

  • 7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
hachidori_logo

自然エネルギー100%の電力会社を採用

2023年10月11日 – 私たちにできる身近な温暖化対策として、ジャパンオフィスの電力会社を自然エネルギー100%のハチドリ電力へ切り替えました。二酸化炭素を排出しないだけでなく、環境負荷が他の発電方法(原子力、大型水力など)に比べて低い発電方法で生成されていることが決め手となりました。

  • 10 人や国の不平等をなくそう
Equality

DEI(多様性、公平性、包摂性)の実現にコミット

2023年5月11日 – 「ビジネスリーダーによる多様性ある、公正で、包摂的な社会の実現への協働宣言(DEI)」に署名いたしました。これは、職場や社会全体における多様性、公平性、包摂を促進することに経営者自らが積極的に関わり、率先して行動することにコミットしたことを意味します。インクルーシブな職場文化を育み、組織のあらゆるレベルで多様性を推進することを約束する企業として、この大切なイニシアチブを支援できることを嬉しく思っています。